正しいブラシ使いできれいに仕上がるベアミネラルのファンデーション

ベアミネラルはミネラルメイクのパイオニア的ブランド

P7070036.jpg

今やミネラルメイクはもちろん、ナチュラルメイクブランドの代表的なブランドともいえるベアミネラル。

今やリキッドファンデーションやティンテッドジェルクリームなど、今時で魅力的なアイテムをどんどん出してきていますけど、やっぱりベアの基本中の基本はお粉のオリジナルファンデーションとマットファンデーションだと思います。

意外と使い方が難しかったりするミネラルメイクのお粉でのメイク方法ですが、以前参加した限定ビューティーコレクションを使ってのメイクアップレッスンで、そのベアミネラルのファンデーションの使い方を教えて頂いていたので、少し復習レビューです。

ベアミネラルのブラシを正しい使い方で、正しい量のファンデーションを使えば、本当に簡単にきれいな崩れにくいメイクに仕上がるんです。

P7070133.jpg

ベアミネラルといえば、ミネラルメイクアップ(MMU)が全米で出回り始めた1970年代から創業している業界のパイオニアブランドなんです。

ニキビ跡からの毛穴で悩んでいた私も、最初に使ったMMUはベアミネラルだったんですけれど、
ついお粉の量が多すぎってしまうせいか、銀光りの鱗状態になってしまって、毛穴もさらに強調されるように感じて、

自然な感じに仕上げるのはかなり難しいお粉だな~、というイメージを持っていたので、今回、きれいに仕上がるポイントを教えて頂いたので良かったです。

 

特にキレイに仕上げたいときに使いたいプライムタイム

P7070050.jpg

スキンケアの後に付ける下地、プライムタイム。肌に伸ばすと、すぐに肌の表面がサラサラするので、お粉がきれいに肌に乗ってくれます。

せっかくナチュラル素材のMMUを使っているのに、ここでシリコン下地は使いたくないな~と思って、ミネラルベールを下地代わりに使っていましたけど、確かに、プライムタイムを使った方がより簡単にきれいに仕上がるし、化粧持ちも良いし、お肌の乾燥感も少ないので、終日メイク直しができない日にとか、汗をかきやすい季節にとか、勝負用メイクにとか、使いようかと思いました。

 

正しいファンデーションの量は本当に少ない

120714_1205~01

クリック・ロック・ゴー容器をトントンっと1回出した、このくらいの量で半顔分。これだけ。

圧を加えることで、とてもクリーミーになる質感がベアのお粉の特徴なんですが、このファンデーション、世界中で5人しか製造現場に入れないという門外不出のレシピでつくられたブレンドのパウダーファンデーションなんだそうです。

P7070052.jpg

ベアミネラルのブラシ使いといえば、クルクル、トントン、サッサなんですけど、実際に教えて頂いた感触では、もっと力を入れて、蓋の溝に入り込んでる粉を描き出すように、グリン・グリン・グリン・グリン、トントン。

そして、ブラシの刺激を抑えるためにも、お肌にブラシを置いたら終わるまでブラシを離さないようにして、グリン・グリン・グリン・グリン。

ブラシは当初のものより痛くなく、肌が敏感になっているときも大丈夫なほどでした。ブラシの毛の硬さについては改善してきているそうですけど、粉含みが良い縮れ毛のヤギ毛をブラシに使うことにはこだわっているそうです。

このキブキブラシで適量のファンデーションをグリン・グリン塗ると、それだけで自然な艶が出てきて、本当に崩れ難くて、洋服などにも色移りがし難いメイクに仕上がるんです。

P7070086.jpg

このヤギ毛のブラシが合わない人にも、合成素材で柔らかい肌あたりのタクロン素材のブラシもあります。

ファンデーションは自然な艶感が出る「オリジナル」と、少し高いけど、毛穴に良いスキンケア成分が入っていて、汗や皮脂に強くて、艶感のない「マット」の2種類から選べます。

濃いのがマットで、普通の濃さなのがオリジナルなのかと思ってましたけど、濃さはどちらも同じなんだそうです。ただ、艶感の有無と、スキンケア成分の有無と、価格の差だけ。

 

コンシーラーサマービスクの使い方

シミなどを隠すだけの役目なのかと思ってたコンシーラーサマービスクですが、実は目の周りの痩せてきた部分に置いていくと、ふっくらして見えて、若々しい印象になるそうなんです。

 

フェイスカラーウォームスの使い方

120712_1144~02

フェイスカラーウォームスの適量は、ちょうど蓋についたくらいの量で良いそうです。

P7070077.jpg

シェーディングを入れる、というより、骨格に沿ってフローレスフェイスブラシで流し、顔に立体感を出します。

1~5の流れで、数字の3を描くように、骨格に沿って流します。

確かに、この方法でフェイスカラーを入れたモデルさんを見たら、お顔の引き上がり度が違ってたんです。

120714_1211~01

そして、きれいな仕上げになくてはならないのが、フェイスカラーと同じくフローレスフェイスブラシでふわっとさせるフェイスパウダーのミネラルベール。

肌色が明るく感じるだけではなくて、ふんわりとした柔らかい感じに仕上がります。

120714_1212~01

毛穴や目の下のクマ当たりなどをスッキリとボカしたいときは、さらにコンシーラーブラシで上からボン・ボン・ボンと、叩くように置いておくと、上品にカバー出来ると思いますョ

 

ベアミネラル

ベアミネラル オンラインショップ

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA